児童発達支援 元気キッズの活動内容・1日の流れ

児童発達支援 元気キッズの
活動内容・1日の活動の流れ

ひとりひとりの心に寄り添い
個人の発達の状況に合わせた
療育と保育を行います

児童発達支援 元気キッズ では、面談での細やかな聴き取りを通して、
ひとりひとりのお子様の発達状況や今すべき課題を見極めた上で、指導の方針や内容を考えていきます。

集団生活の中で生きる基礎力を身につけていけるよう、お散歩に行ったり、リトミックや体操などの療育のエッセンスを取り入れた活動を行っています。
それぞれの活動では、決して無理をさせることなく、楽しくできるように促していきます。

9:00 開園
9:30 順次登園
お子様をお預かりする保育型児童発達支援 元気キッズは、
お子様をお預かりする保育型の療育サポート施設です。
10:00 朝の会
10:15 主活動(お散歩、製作など)
  • お散歩
  • お芋ほり
  • シール貼り
  • 製作
2人に1人の保育士がつく目の行き届く保育お子様2人に対し1人の職員がつき、
しっかりと目の行き届く保育と療育を行います。
体・感覚を使う活動を取り入れ、それぞれの活動では、決して無理させることなく、楽しくできるように促していきます。

パズルや指先運動をはじめ、リトミック、体操などの療育プログラム
トイレ、はみがきなど、日々のつみ重ねの生活支援を行います。
また、 作業療法士の先生が定期的に巡廻し、ひとりひとりのお子様の発達状況や今すべき課題を見極めた上で、指導の方針や内容を考えていきます。
芋ほり体験、夏祭り、水遊びなど季節を感じながら楽しめる行事もあります。
11:30 給食
  • あったか手作り給食
  • 美味しい給食
無理なく食べられる物を増やしていく工夫元気キッズでは、園内、及び、弊園関連施設にて調理された給食を提供しています。
感覚過敏(色、食感、匂いなど)により、苦手な食べ物がある場合には、ひとりひとりに対し、すりつぶす、まぜるなど、無理させる事なく、食べられる物を増やしていく工夫をしています。
12:30 午後の活動
13:30 帰りの会・ 順次降園
15:00 個別相談
個別相談(子育て相談の時間)利用されている保護者さんとアセスメント(情報を多面的に収集して中間評価しながら、援助に結び付けていくこと)
連絡帳で、教室やお家での日々の様子を共有するほか、個別相談の時間を設けています。 経験豊かな職員に子育ての疑問や悩みなどご相談ください。お子様のこれからを一緒に考えていきましょう。
17:30 閉園
※内容は変更になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。


専門講師による体操教室

毎月、体操の専門講師による教室を開催しています。

  • 体操教室
  • 運動

子どもたちが楽しく活動できる教材選び

使い易い教材選び
工夫して作成したオリジナル教材

児童発達支援 元気キッズでは、子どもたちが楽しく活動できるように、使いやすい教材選びや、オリジナルの教材作りを行っております。

詳しくはこちらのページ(手作り玩具)もご参照ください。
詳しくはこちらのページ(絵本)もご参照ください。

  • ひも通し
  • ぼたんつなぎ
  • ボールすくい
  • スナップボタンつなぎ
  • プットイン
  • 絵合わせカードなど

園バス

元気キッズ号

  • 園バス正面
  • 園バス横
  • 園バス内部
  • 園バス椅子

元気キッズバスで年に数回、遠くの場所へ遠足に行きます。たくさんの楽しい思い出を作っていきましょう。