保育所等訪問支援事業

保育所等訪問支援事業とは

保育所等訪問支援とは、特別な支援ニーズのある子どもたちについて、障がい児への指導経験がある専門員(保育士、教員、理学療法士[PT]、作業療法士[OT]、言語聴覚士[ST]、心理士)が集団生活の場である施設(保育所や幼稚園・学校・放課後児童クラブなど)へ出向き、障がいのない子供との集団生活適応のため、専門的な直接支援(対象児への支援)と間接支援(先生や園への支援)を行うサービスです。


※保育所等訪問支援のイメージ

保育所等訪問支援のイメージ


障がいのある子どもたちの発達支援は、これまで施設、または事業所という特別な場所において通所または入所という形で行われていました。

保育所等においては、障がいのある子どもへの職員の加配や、巡廻指導などの障害保育を支援するシステムが整えられていますが、障がいの特性、その支援は子ども一人ひとり異なります。

保育所等訪問支援では、一人ひとりの子どもに合ったオーダーメイドの専門的支援を、普通に生活する集団場面で、直接的、間接的に行っていきます。

直接支援(対象児への支援)

保育所等訪問支援では、子どもに対して直接、発達支援を行います。

例えば、児童発達支援事業所の中では、なんでもできると評価が高い子でも、一般の保育園や幼稚園ではできなくなってしまうことも見受けられます。療育の現場だけでなく、保育園、幼稚園の中でも生きづらさを抱えた児童が輝く笑顔のもと、集団生活が送れるようにサポートします。

訪問先では、集団から抜き出して固有の発達課題について支援する場合もありますが、通常は、生活の流れや保育・教育活動の妨げにならないよう、十分に配慮しながら集団生活に加わって支援します。

間接支援(先生や園への支援)

保育園等での生活のしづらさや集団不適合に対しては、その要因を本人の特性と環境面から推察して、本人に働きかけるだけでなく、環境整備を行ったり、先生やスタッフに関わり方や活動の組立てなどを教示したりします。また周囲の子どもを巻き込んでの支援を行うこともあります。

訪問先の保育士・先生方に発達・療育の視点をもって子どもに関わっていただくことで、子どもは安心して保育所等での生活を楽しむことができます。

保育所等訪問支援では、保育士・先生方に、普段困っていることはないかなど丁寧に伺っていきます。そして、訪問支援員がいない場面でどのように子どもを見るのか、環境設定や関わり方など、訪問先の機関が将来的に自律的に考えていけるように支援します。

保護者への報告・アセスメント

保育所等訪問支援では、保護者のいない生活の場で提供されるサービスですので、訪問支援の内容に加え、訪問先の保育所等での子どもの様子や周りの子どもや保育士・先生方とのかかわりの様子を丁寧に報告します。

また利用されている保護者の不安に思っていること、疑問や悩みなどを伺いながら、アセスメント(情報を多面的に収集して中間評価しながら、援助に結び付けていくこと) を行い、対応策・支援を考えていきます。