児童発達支援事業

児童発達支援事業とは

児童発達支援事業は、児童福祉法に基づくサービスです。

心身の発達になんらかの心配や障がいのある子どもたちのために、保育や療育、子育てサポートが受けられるように、法制化された国の事業です。

早期療育や支援の大切さ
(家庭内、集団生活の場)

発達障がいは、障がいの困難さもありますが、優れた能力を発揮している場合もあり、特有のわかりにくさや理解のされにくさのある障がいです。そのため、周囲からは、いろいろな面で誤解されることがあります。 

幼児期に診断された場合には、発達支援事業所などの個別の小さな集団で保育や療育において、新しい場面や周り対する不安を減らしてあげることによって、社会的スキルを促し、適応力を伸ばすことが期待できます。

児童発達支援事業所では、専門医や、療育の専門家のアドバイスを受けながら、一人ひとりの子どの特性を理解し、適切な支援を行います。

得意な面を伸ばし「できる」を体験して自身をもってもらいながら、集団生活の中で生きる基礎力を身につけていきます。