スマートフォン版はこちら

児童発達支援 元気キッズPSC(プレスクールカリキュラム)

児童発達支援 元気キッズPSCは、保育園・幼稚園などの集団生活の場で
戸惑いを抱く子ども達のためのサポートをいたします。

保育園・幼稚園などの集団生活の場で、 まわりの子に比べると落ち着きがない 言葉がとてもゆっくり いつも一方的に話をしていて人の話を聞いてくれない 先生の指示をしっかり理解していないように思う パニックをおこしやすいなど
通っている保育施設の先生から言われたことを、 相談できずに 悩み続けている方、
まわりの子と比べてしまって違和感を感じていらっしゃる方、
「私の育て方が悪いのかしら・・。」と自分をせめていらっしゃる方、
保育園、幼稚園の先生にお子さんの特性が伝わらない、
または、なかなか受け入れてもらえず、甘やかし、なんて思われている方、

私たちは、そんな方々と向き合っていきたいと思います。

もう、自分だけの責任だと考えるのはやめにしましょう。
私たちとともに出来ることからはじめませんか?

元気キッズPSC(プレ・スクール・カリキュラム)では、「保育所等訪問支援」個別指導型の「児童発達支援」の連携をし、集団生活の中で戸惑いを抱く子どもやその家族、受け入れる一般の保育園などの先生方や、他の子どもたちや家族が、皆、安心できるよう、発達特性に応じた環境調整や関わり方を包括的に支援・サポートしていきます。

ご利用の保育所に通っていただきながら、並行して発達面でのサポートを行います。

少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

障がいのある子どもたちが10年20年後も「帰れる場所」を作ること。
元気キッズの想い

元気キッズが実現したいのは、障がいのある子どもたちに「帰れる場所をつくる」こと。
障がいを持った子たちの多くは、小学校にあがるタイミングで地元以外の施設へ通うため、 地域での人との繋がりが途絶えてしまいます。
ですが、他の子どもたちと一緒に小学校に通えれば、地元に友達ができます。地域の方々との繋がりができます。そして大人になっても帰れる自分の居場所ができます。
多くの人たちと繋がっている事が選択肢を増やし、生きやすさにつながります。

障がいのある子どもたちが、10年後、20年後も笑っていられる未来をつくりたい。
そんな共生社会が実現してほしいと強く思います。

  • 保育所等訪問支援事業所 と 児童発達支援事業所で連携サポート

保育所等訪問支援事業所

保育所等訪問支援は、保育所等ににおける集団生活適応のための専門的な支援を行います。

3年以上の障がい児への指導経験がある専門員(保育士、教員、理学療法士[PT]、作業療法士[OT]、言語聴覚士[ST]、心理士)が利用登録された児童の保育所や幼稚園、小学校へ出向き、直接支援(対象児への支援)と間接支援(先生や園・学校への支援)を行います。

児童発達支援事業所(個別指導型)

児童発達支援元気キッズPSC の児童発達支援事業所は、より一人一人の課題に対して密なアプローチを行う個別指導型です。

1~3名の小集団での療育を通し、お子様が実際の集団生活の中でも自分の力を発揮できるよう、通われる保育所・幼稚園などの機関とも連携していきます。