保育日誌

保育園日誌

保育園の日々の活動の様子や
お役立ちコラムを掲載中

元気キッズ 保育園日誌

子供がグングン伸びる育児法-4-「赤ちゃんの言葉を豊かに伸ばす」

「僕はある本との出会いで育児観が劇的に変わりました」

 

皆様こんにちは。

保育園 元気キッズ
園長の中村です。

 

さて、今回のテーマは、「赤ちゃんの言葉を豊かに伸ばす」についてです。

 

 

ほんのちょっとしたことに気をつけるだけで、3歳までの子供の成長に大きな影響があります。

そんなヒント満載なの本が、「語りかけ育児(サリー・ウォード著 小学館)」です。

この本を夫婦で共有することで、僕らの子育てはとても楽しく、そして、豊かになりました。

息子が2歳の誕生日を過ぎたころ、「パパ、青いブロッグをふたつとって」など普通の会話ができるようになっていました。

 

文字への興味も高く、自分の名前の平仮名や、数字の暗誦だけでなく10までの数であれば数えることもでき、ほぼ数の概念も理解できているようです。歌も大好きで、保育園でならったお歌を1歳4か月のころには歌いだしていました。

 

2歳過ぎてから勝手にオリジナルの歌を作って歌っています。
一番驚いたのはじゃんけんのルールを既に理解できているのにはびっくりしました。

 

僕らは世間でいう英才教育を行ってきたとは思っていません。
ただ何かを見せ続け記憶に植え付けていったとしてもそれが何になるのでしょうか?
子供が豊かに育つためには、実体験をともなって経験と知識がともなってはじめて本当の力になるのだと思います。

 

この「語りかけ育児」には子供も大人も無理なく、楽しく取り組めるヒントがたくさんあり本当に参考になりました。

 

簡単にルールをご説明します。

・1日の内、30分間だけ、母子の1対1の時間をつくります。

 

・その時、テレビや音楽を消して、二人の会話に没頭できる環境を作ります。

 

・質問は極力せず、今日やったことなどを話して聞かせていきます。


・ゆったりとした口調で、短い文で話します。

 

・具体的な固有名詞を多用し、また繰り返し同じ言葉を使います。

 

・0歳児のころは、「ねんね」や「にゃんにゃん」などの語呂の良い言葉を使います。

 

・何かを指さしたり目で追っていたら、○○ほしいの?と語り掛けます。
ママが僕の言っていることを理解してくれていると安心し自信にうれしくなります。

 

・無理に集中させようとせず、遊び感覚でイチャイチャしながらすすめましょう。

 

・答えが必要でない限りは質問するのはやめましょう。赤ちゃんが知っていることを質問しても赤ちゃんにとって何もメリットはなく、ただ親の自己満足でしかありません。

 

・子供が言いたいことを言ってあげましょう。

 

・否定的な言い回しや、子供が言ったことを「違う」と訂正するのでなく、ただしい言葉で返答して言い換えてあげましょう。


いろいろと書きましたが、要するに
親子二人だけの時間を作り、ゆっくりとして口調で、短い文を、固有名詞や形容詞を多くして語り続けることが大事だと理解しています。

 

例えばお散歩に行くときは、ただ黙ってお散歩に行くのではなく、
「青い空に白い雲が浮かんでいるね。」「青い鳥さんが鳴いているね。」など通り過ぎる街並みを実況中継しながら歩いたり、お風呂に入るときや、ごはんを食べるときもたくさん語り掛けていくことが大事です。

 

また「うれしいね。楽しいね。気持ちいいね。」などの気持ちを表す形容詞をたくさん使ってください。

 

「おばあちゃんからぐりとぐらの絵本を買ってもらってうれしいね。」

 

「ふわふわのお布団気持ちいいね。」

 

「お歌をママとパパと○○ちゃんと三人で歌うと楽しいね。」

 

など固有名詞と形容詞をたくさん使って話しかけることで、子供の語彙を増やすことに役立ちます。

 

働いているママには、毎日30分なんて難しいと感じる方も多いと思います。
しかし、朝ご飯のちょっとした時間だったり、保育園からかえってきた後、ご飯や、お風呂の時間、または、お休み前の時間を利用してたくさんコミュニケーションをとりましょう。ちょっとしたことで子供たちの成長は大きく変わっていきます。

 

保育園に預ける場合、働く日は本当に少ない時間しか一緒にいられません。
ただ、その限られた時間を濃密なコミュニケーションの時間にすることで、母と子の結びつきは強まり、豊かに育つ子になります。

 

子供を豊かに伸ばすコツは
「焦らせない、急かさない、遮らない」
です。

 

重要なのでもう一度
「焦らせない、急かさない、遮らない」

 


忙しい現代社会では一番難しいテーマかもしれませんが、この30分間語りかけ育児を実践することで意識的に心に余裕をもち、豊かな子育てを行っていきたいですね。

 

それでは、また次回まで。

 

 

新座市志木市家庭保育室
保育園 元気キッズ
園長 中村敏也

子供がグングン伸びる育児法-3-「テレビとの関わり方」

皆様、こんにちは。

新座市志木市家庭保育室
保育園元気キッズ
園長の中村です。

 

今日も、育児法について書いていきます。
最近文章だけで申し訳ないですが、有意義な情報だと思いますので、お時間のある方はお読みください。

 

さて今回のテーマは「テレビとの関わり方」です。

 

ずばりテレビは見せたほうが良いかどうか聞かれたら、
見せないに越したことはない
とお答えしています。

 

テレビは子供に一方的に情報を与え続けます。
そこには話し手と受け手とのコミュニケーションがなく、自ら何かをすることがないため、受動的な子供になってしまいます。
特に0,1、2歳児のころにはテレビを見せ続けることはやめましょう。

 

「テレビを見せ続ける弊害」
子育て中のお母さんにおって、テレビは集中してみてくれて静かにしてくれるのでとても役に立つものです。
だからといってテレビばかり見せ続けると様々な弊害が起きてきます。

 

①健康的被害
以前の人気テレビアニメ番組で視聴していた一部の子供たちに体調異常を引き起こすという騒動がありました。これは閃光や光の点滅で発作が起こる「光感受性発作」です。
ただ、現在は乳幼児用番組で光の刺激の強い番組は製作されていないので心配は少ないと思います。

 

②言語の遅れや、目が合わないなどの情緒面での問題
もっと深刻な問題は、言語の遅れです。
テレビは一方的に大量の情報を受動的に受け取り、そこに相互コミュニケーションがありません。
テレビを見続けた子供は自分から話すという行為に遅れが見受けられることが多いです。
3歳になる子で言葉の発達が少し遅い子に、2,3か月テレビを見せなかったところ言葉が一気に出てきたなどたくさんの症例があるようです。

 

ただ言葉が出てきても、問題の根はもっと深いようなのです。

 

言葉出てきたら、どうしても自分のことを他人事のように話す傾向がみられるとのこと。
何時間もテレビをみつづけて育った子は、まるで評論家のような第3者的な言い方で自分のことを話すことがあるそうです。

 

したがって、3歳になるまでの乳幼児にはテレビを見せ続けるのは百害あって一利なしといえると思います。

 

しかしながら、現実問題としてちょっとした家事をこなしたいときにはどうしてもテレビの力を借りたくなるときがあります。

 

そういう時は実況中継をするとよいです。

 

例えば、夕飯の準備の時、16時~18時の間はNHKの子供向けテレビ番組のゴールデンタイムです。
そんなときは、夕飯を作るながら、「今ママはお夕食作ってるんだ。ネギさんやニンジンさんを切ってお味噌汁と作っているんだよ~。」など実況中継をしながら、テレビだけに受動的にならない環境を心がけることが大切です。

 

またNHKの子供番組は素晴らしく内容も素晴らしいものがたくさんあります。
子供たちもとても楽しみにしているのでついつい見せてしまいます。
ただ、そういう時も一人でみせるのではなく、膝の上に抱っこして見せたり、一緒にお歌やダンスをしたり、ともに楽しんでコミュニケーションのツールとして使いましょう。

 

幼児教材のDVDについてはどうでしょうか?

 

高価な幼児用英語教材や、月々送られてくる幼児教育教材には、たいていDVDが付いてきます。
最近の教材は本当によく考えられていてとても有意義なものが多いと思います。

 

しかしながら、こちらも見せ続ければいいという類のものではなく、ママと一緒に見て、歌って、話して、踊って、コミニュケーションをとりながら行わなければ意味がありません。

 

相互コミュニケーションがあって、体験を通じてはじめて使える知識になっていきます。
ぜひ一緒に楽しんで教材を活用してください。

 

現代社会の中でテレビを完全に排除することは難しいですし、3歳以降に極端に見せないというのも友達関係での会話などで支障をきたすので適度は距離が必要だと思います。
ただ、家族共通のちょっとしたルール作りをして適切に付き合っていきたいです。

 

「テレビ視聴のルール(例)」
■テレビは1日30分のみ。

■テレビを見た分の時間はかならずお外遊びをする。

■ごはん時はテレビを消す。

■パパ、ママはごはん時や話をしているときは携帯(スマホ)をいじらない等。

 

子供は親の姿をみて、そっくり真似をします。
ぜひご家庭独自のルールを作りましょう。

 

元気キッズでは、夕方の自由保育の時間にDVDの時間を設けています。
その際は職員が必ず一緒にみるようにし、一緒に楽しみながら行っています。

 

参考図書:赤ちゃんと脳科学 小西行郎 集英社新書

 

いかかがだったでしょうか?
まだまだ伝えたいことがたくさんあるので、しばらく「元気キッズ式グングン伸びる育児法」を紹介していこうと思います。

 

それでは、また次回まで。

 

新座市志木市家庭保育室
保育園 元気キッズ
園長 中村敏也

子供がグングン伸びる育児法-2-「スキンシップの重要性」

皆様、こんにちは。
保育園 元気キッズ 園長 中村です。

 

今日は、「元気キッズ式子供がグングン伸びる育児法」第2弾
「スキンシップの重要性。こちょこちょ遊び。」について書いてきます。

 

抱き癖が付くから抱かないほうが良い と一昔前はよく聞きました。

 

おばあちゃんがいつもママにべったりな孫をみて、自分で何もできなくなるんじゃないかと不安になりつい母親に言ってしまったことかもしれませんが、

 

これはまったく根拠のないことです。
たくさんスキンシップをとってください。

 

スキンシップこそが子供の心の安定につながり、スキンシップで欲求が満たされたされた子供は反対に自立が早くなります

 


では、幼少期のスキンシップが不足するとどうなるのでしょうか?

 

大学生を対象にした調査で、幼児時期に母親とスキンシップを十分に受けてきた学生は、「他人と親しくなるのはたやすく、他人に頼ったり他人に頼られたりするのが好き。自分に自信を持ち、他人のことを信頼して親しくなることが容易になる」傾向があります。

 

一方、スキンシップが少なかった学生には、「他人がいやいや自分と親しくしているのではないか?恋人は本当は私を愛していないのではないか?一緒にいたくないのではないかと疑ってしまう」などの傾向があり、さらには「他社と親しくなることは、私には何となく重荷である。他人が必要以上に親しくなることを求められるとイライラいしてまう」という傾向があるそうです。

 

幼少期のスキンシップの量でこのような差がでるのはとても恐ろしいことですね。

 

本来、日本古来の育児法はスキンシップが非常に多かったのはご存知でしょうか?

 

昔は家事をするときもほとんどおんぶひもで背中に密着させていて、自分が抱けないときは必ずといって良いほどおばあちゃんが抱っこして世話をしていました。
また夜になるとひとつの部屋で両親と子供が川の字になって添い寝をしてました。当然、母乳も子供の求めるままに与え、片時も離れることはなかったようです。

 

江戸時代では、さらに積極的なスキンシップをとっていたようで、
小児按摩という今でいうベビーマッサージも日常的に行われていたようです。

 

スキンシップは、「なでなで」することや「ぎゅっと抱きしめること」はもちろん、こちょこちょする行為があります。
じつは「こちょこちょ」にはとってもよい効果があります。

 

「こちょこちょ」されると「くすぐったい」です。このくすぐったい感覚というのは面白く、くすぐり遊びというくらい楽しい行為である反面、こそばゆいという不快な感覚が同時に感じることができます。こちょこちょコミュニケーションを通じて赤ちゃんは、くすぐったさを予測して楽しくなるのです。
親子でこちょこちょ遊びをすると、一緒に笑うことができ、愛情と親密度が深くなります。また笑うことでリラックスできるので、心の成長にとって本当に有意義な行為です。
こうして考えていくと、幼少期のスキンシップは充分すぎるほどやった方がよいと結論づけられます。

 

お子様が不安なときには、一度ぎゅうっと抱きしめてあげてください。
何か好ましいことができたとき、思いっきり頭をなでてあげて褒めてください。
怪我したり悲しいことがあったときは、痛いね。悲しいね。といって共感してあげて抱きしめてください。

 

抱き癖がつくと抱いてあげないと、さらに自立が遅くなります。
抱っこしてほしい欲求を十分に満たせてあげること こそが自立への近道です。

 

幼少期のスキンシップが十分にみたされていれば、成長するにつけ自分に自信のある青年、大人に成長します。

 

補足ですが、生まれてすぐのスキンシップにはパパの育児参加へ促す効果もあります。

 

産後すぐに新生児を抱っこした父親は、育児への参加意識が大幅にアップするいう調査結果があります。
パパは自分がお腹を痛めて生んだ子ではないので愛情がわくまで時間がかかるという話も聞きますが、早期にスキンシップを多くとることで愛情が芽生えます。
育児はとても大変です。ママだけで子育ては大変。
パパのサポートがないとイライラのもとなります。
パパの育児参加を促すためにもスキンシップを多くとるように促してみてください。

 

*参考文献:子供の「脳」は肌にある 山口創 光文社出版

 

第2弾「スキンシップの重要性」はいかがだったでしょうか?

 

反響が少しあったので、続けていきたいと思います。

それでは、また。

 

志木市新座市家庭保育室
保育園 元気キッズ
園長 中村敏也