保育日誌

保育園日誌

保育園の日々の活動の様子や
お役立ちコラムを掲載中

元気キッズ 保育園日誌

子どもたちに大人気のおもちゃをご紹介!

現役保育士がレクチャー!
元気キッズにある
子どもたちに大人気のおもちゃをご紹介!
 
今回は、ベック社「シロフォン付き玉の塔」です。
 

ベック社(ドイツ)の傑作おもちゃ
シロフォン付き玉の塔(クーゲルバーン)
 

50年以上の間、世界中で愛されている有名な玩具で、
世界中へ10万台以上輸出されています。
 

玉を落とすと「コロコロ」と
心地よい音とともに玉が転がっていき..
 

調律された鉄琴(シロフォン)に落ちると
チロリロリン(ソ・ファ・ミ・レ・ド)と
心地よい音色を奏でます♪
 

玉がレールを転がる音、シロフォンの上を転がって奏られる音色…
子どもはもちろん、大人も
ついつい「玉を落として音色を聞きたくなる」玩具です。
 

 
保育園 元気キッズには
キャラクター物のおもちゃはありません。
その代わり、
TAGTOY、HABA、BECK、SELECTAなど
世界中で愛されているメーカーの
おもちゃを取り入れて
日々の保育に活かしております。

 
 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ

子どもの愛情を育む遊び

現役保育士が保育に役立つ情報や環境設定をレクチャー!
子どもの愛情を育む遊び
 

保育園には必ずと言っていいほど、人形がありますよね。
子どもは自分が受けた愛情を人形を通して表現します。
丁寧な関わりを必要とする遊びだからこそ、
元気キッズでは、環境設定も丁寧に行っています。
 


人形あそびは愛情を育てる遊びです。
子どもたちは、自分がされて嬉しいことを人形に対してしてあげます。
 

例えば・・

※対比参考用にわざと配置してみました。
愛情を注いで遊び人形を、このように棚に乱雑に片付けをしていたら、
人形に対して丁寧に関わる気持ちが薄れてしまいます。
 

丁寧な関わりをしてほしい時は
人形の定位置を丁寧に設定することが大切です。

その為に、
落ち着く場所としてベッドを用意します。
 


枕や布団なども用意して
実際の赤ちゃんが寝ているような
環境を整えてあげます。
 

ベッドを定位置にすることで、
ベッドに居る時は寝ている時や
寝かしつけをしている時
起きている時はお世話をしている時など
遊びにメリハリがうまれます。

人形を片付けた状態が
ベッドに寝ている姿になるので
丁寧に扱われている様子を感じることが出来ます。
 

また、子どもは人形で部位(目、鼻、口など)を確認するので
リアルで可動域が広いものが良いとされています。
 

元気キッズ各園では、
ピーターキンベビーを設置しています。
胴体は柔らかい布製で、ある程度の重みもあるので、
抱き心地がとても良い人形です。
 
一般的な人形よりもリアルですが、
子どもたちは怖がることなくお世話を楽しんでいます。

 
 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ

有効的な空間の使い方について

現役保育士がレクチャー!
有効的な空間の使い方について
 
天井空間も保育環境の一部です。
元気キッズでは、
モビールや天蓋を使って落ち着いた空間づくりを行っています。
 
第二あさかリードタウン園の玄関です。

モビールが風をうけてクルクル回り、
真ん中の飾りがキラキラと光を反射しています。
 
玄関にはもう1つモビールがあります。

長いモビールがゆっくりと回るので、
子どもたちの視線を釘付けにしています。
 

0.1歳児クラスのモビール
おもつ替えスペースの天井に飾り、
おもつ替えの時間も保育者と会話をしたり、
モビールを見つめて「見る力」を育んでいきます。
 
遊びスペースの天井にあるモビール

羽がゆっくりと回ります。
ゆっくりと動くので
乳児でも目が追うことができます。
 
乳児クラスにもモビールを設置しています。

これは制作コーナーの天井にあるので、
動きを見る以外にも色の参考にしている子もいます。
 
天井を低くするために天蓋も設置しています。

これは乳児クラスの絵本コーナーにある天蓋です。
 
子ども身長の高さが基準になるので、
大人が、かがむくらいの高さがちょうど良いです。
 

子どもが落ち着かない遊びのスペースがある場合は、
モビールや天蓋をつけて天井を低くしてあげる事で
落ち着いた空間を作ることができるかもしれません。

 
是非、お試しください。

 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ

レゴの効果的な収納術

現役保育士がレクチャー!
「レゴの効果的な収納術」


レゴは子どもたちに大人気ですよね!
でも、レゴ箱をそのまま置いていませんか?
子どもたちが今よりもっと遊び込める
レゴの置き方があります!


色別に収納をする!


保育園では、
レゴの箱に子どもたちが集まり過ぎてしまう事を防ぎ、
使いたい色をすぐに取り出せる事で
創作意欲が継続します!


分ける事で
「〇色が多いね」「少ないね」
という会話がうまれ数量体験にもつながり、
数量感覚の基礎が身についていきます。


製作途中のレゴを保管できる場所を用意することで
午睡後や、翌日も遊びを継続できるようになります。
 
最後に
収納容器は半透明のものを使用すると
棚の圧迫感が和らぐのでおススメです!
各容器には色のカードを貼ります。
 
是非、お試しください。

 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ

子どもたち自らキレイに並べたくなる仕掛け

子どもたちが使いたいものを取るために
箱をひっくり返すことってありませんか?
 
現役保育士がレクチャー!
「子どもたち自らキレイに並べたくなる仕掛け」です。

上の写真は、
第二あさかリードタウン園、
電車コーナーのおもちゃ棚です。
毎回、保育者がキレイに並べているのではなく
子どもたち自らキレイに並べてくれています。
 
思わず並べてくなってしまう仕掛けは
↓こちら

電車ひとつひとつの
写真を貼る!


ひとつひとつ写真を貼ることで
戻す場所がひと目でわかるようになり、
箱の中にひとまとめに片付けをするよりも
丁寧におもちゃを扱うようにもなります。


レール類も形で分けることで
使いたい形をするに取り出して遊べるようになります。


使いたいものをすぐに取り出せる環境にすることで
創作のモチベーションが下がらず、
遊びに集中できるようになります。
 
是非、お試しください!

 
 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ