保育日誌

保育園日誌

保育園の日々の活動の様子や
お役立ちコラムを掲載中

元気キッズ 保育園日誌

新座園 ハロウィン製作

【新座園】2歳児
ハロウィン製作の様子です。
ハロウィンにはカボチャにオバケと絵本を通して、知っている子どもたち…
「ハロウィンのオバケを作ってみようか?」と言うと、みんな早くやりたい!とワクワクしならがやり方の説明を聞いてくれました。

オバケは、手形を使いました。
筆で絵の具を手に塗られる感覚がくすぐったい顔をする子ども達…ぺたりと手形が出来ると、「もう一回やりたい!」という子もいました。
目や口、帽子は色々な形の中から、好きなものを選んでもらいました!
自分だけのオリジナルオバケに、嬉しそうに見せ合う姿も☆
カボチャは、本物のミニカボチャを使い半分に切った面をスタンプにしてみました。
カボチャのゴツゴツした皮や、種も触った後に、カボチャをしっかり持ってぺたん♪

画用紙に写ったカボチャの形に、カボチャオバケのイメージがわかないようでしたが、目や口を糊付けしていくうちに… 「ハロウィンだ!」「カボチャオバケだ」など、嬉しそうに気がつく子ども達でした。

 

【新座園】0・1歳児
0.1歳児ハロウィン製作を二つ行いました。
ハロウィンの絵本を読んだ後に製作を始めました。
かぼちゃのポシェットは、みんなでお目目どこかな?口はどこにある?お鼻は?とそれぞれパーツごとに分けて確認しながらやりました(^^)
「ここだよ~」と教えてくれる子ども達。

0歳児のお友達は保育者が援助しながら作りました。
お顔が完成すると、それぞれ個性のあるかぼちゃが出来上がりました☆
おばけの製作では、0歳児は目をシールで、1歳児は、目を自分で描くことに挑戦しました!
画用紙を夜に見立てて、おばけさんは暗いところに出るんだよね!とお話をしながら製作を進めました。
飴を貼るときは、のりを使うことに挑戦しました。「おばけさんに食べさせる?」とベロに貼る子どももいました。
おばけの向きや表情も違い、かわいいお化けができました。

 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ