保育日誌

保育園日誌

保育園の日々の活動の様子や
お役立ちコラムを掲載中

元気キッズ 保育園日誌

志木園 ひな人形 つるし雛 製作

【志木園】5歳児


お散歩の途中に見つけたお店に飾られていた、きれいなつるし雛…
じっくり見ると、動物や鳥、食べ物など、いろいろな物があります。

 

その1つ1つにちゃんと意味があることを知ったぱんだ組さん。
「唐辛子はどういう意味?」「犬は?」「金魚は?」と次々に質問が…
そこで!お勉強も兼ねて、つるし雛を作りましたよ(^^)

 

1つ目は鶴!
鶴は千年生きると言われていることから長寿や健康への祈りが込められています。
好きな模様の千代紙を選び、難しい折り方もがんばりました!

 

2つ目はまり!
丸々と円満に弾む心豊かな暮らしへの祈りが込められています。
牛乳パックに千代紙を張り、4つに細長く切ったら、中心を重ねて*この形にします。先端を反対側に丸めて止めたら、まりの完成です!

 

3つ目は自由に作りたいものを選び、
材料から作り方まで全て自分で決めました!
子ども達の発想力はすごいもので、職員が全く手伝うことなく、1人で仕上げちゃいました。

ヤクルト容器や紙コップ、折り紙を使って、自分なりに作っていく子ども達の姿は、とても楽しそうで生き生きしていましたよ。
完成すると
「よし!イメージ通りに作れた!(犬を作った女の子)」
「ちょっとイメージと違ったなぁ(金魚を作った男の子)」
と、じっくり自分の作品のできばえを評価していました。

作った3つを全て繋げ、切った桃の花を間に飾り、つるし雛の完成。
お部屋に飾ると
「すごーい!お店みたい!」
と大喜びのぱんだ組さん。
お店で見たつるし雛をお部屋でも再現することができ、大満足の子ども達でした。

 

そして今日は、きれいに飾られたつるし雛を見に行き、同じものを作ったことで、興味も倍増!自分から質問をしたり、積極的につるし雛のことを学ぶ姿がありました。
つるし雛を見たり、実際に作ることで、ひなまつりの行事を知る良い機会になりました。

給食はひなまつりのスペシャルメニュー!!
おやつには桃の豆乳ゼリーとひなあられでますますひなまつり気分を味わいました。

 

 

【志木園】 0.1歳児
3月3日のひな祭りに向けて、雛人形製作をしました。

市内のギャラリーに行って吊るし雛をみては、
眼をキラキラさせて興味津々で見つめていたり、
お部屋に戻っては
「明かりをつけましょ、ぼんぼりにー」と、
うれしいひなまつりをみんなで歌っては、
ひな祭りを楽しみにしている子ども達。

 

そこで園に飾られている
お雛様、お内裏様をみながら、
にじみ絵をして着物に見立てお雛様を作りました。

初めてのカラーペンに挑戦して、クレヨンとの違いに不思議そうにしていましたが、スルスルかける書き心地に、夢中になって描いていましたよ。
その後、描いた紙を水に浸けると、、、。
色がぶわぁーっと広がって、あっという間に綺麗な染め紙に!!
子ども達もビックリで、あまりの驚きにちょっぴり怖がる子も。。。

 

でも0歳児さんはシールで、
1歳児さんは初めてののりにも挑戦して、
感触を楽しみながら顔やパーツを貼って、
みんなが作った染め紙の着物を着せてあげると
「かわいいね?」とニッコリ!
自分だけの雛人形を見つめては、とっても嬉しそうにしていましたよ!
手作り雛人形を飾って、お家でも楽しいひな祭りが送れますように。

 

※写真は保護者の同意を得て掲載しております。
※当ホームページの内容、画像等の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
保育園 元気キッズ