スマートフォン版はこちら

元気キッズ入園・ご利用案内・あたたかい手作り給食
 

代表メッセージ 私たちと一緒にできることからはじめましょう。

周りの子に比べると落ち着きがない 言葉がとてもゆっくり
いつも一方的に話をしていて人の話を聞いてくれないなど
もっと周りと同じに育ってほしいのに「私の育て方が悪いのかしら・・・。」
と自分をせめていらっしゃる方。 今までだれにも話せなかった事を、やっとの思いで話したのに 「気にし過ぎですよ」と言われてしまい、 悩み続けている方。
私たちは、そんな方々と向き合っていきたいと思います。

もう、自分だけの責任だと考えるのはやめにしましょう。
ひとりで悩まないで、私たちとともに出来ることからはじめませんか?

乳幼児の時期に「ちょっと変わってるね」といわれる発達に凸凹のある子ども達には、特有のわかりにくさと誤解されやすさがあります。相手や場所、やり方やタイミングによってできることやできないことが違う、その日の気分や興味があるかないかによってお子様の様子が全く違うということも普通にあるから です。

私たちは、新座市に4か所、志木市に1か所、朝霞市に1か所の計6か所の保育施設を運営しております。 待機児童の問題は、開園当初にくらべ現在は解消しつつあります。
しかしながら、障がいをかかえた子ども達の居場所は満足にあるとは言い難いです。

私たちは、保育施設の運営で培った経験を活かし、
子ども達が安心して過ごすことができること 社会的スキルを身に着けること
一人ひとりの発達の段階にあった指導の方針や内容
元気キッズ 代表 中村 を考えていきます。

そして「もっとわが子のできること不得意なことをしりたい。」「今の時期にできることをしてあげたい。」と思っている保護者の皆様と一緒に、子供たちの健やかな成長と丁寧な子育てをサポートしていきます。

少しでも気になることがあればご連絡ください。
私たちと一緒にできることからはじめましょう。
元気キッズ ・児童発達支援 元気キッズ
代表 中村 敏也

主任保育士メッセージ

一緒に成長を喜びあえる場所でありたいと思います。 主任保育士 鈴木千夏
児童発達支援 元気キッズ
主任保育士 鈴木 千夏 

私自身が発達障害の子を育てていることもあり、療育に通わせたりした経験があることと、園長先生の発達障害児に対する理念に共感し、それと同時に、私自身悩み、苦しみ、成長のひとつひとつに喜んだ経験を、保護者の方と共有し、子どもたちが自分らしく社会や集団で過ごして行ける手助けができたらいいと思いました。

保護者の方は、先の見えない不安感と、1人で思い悩み孤独感を感じている方も多いかと思います。
児童発達支援 元気キッズは、そんな保護者の方にとって、すべてを安心して打ち明けられる場所でありたい、一緒に成長を喜び合える場所でありたい、と思っています。

保護者の方の気持ちが救われると思えることのひとつとして、『してやれることが見つかること』、『この先どうしたらいいか、が明確になること』だと私は思っています。
お子様にとって、一番自分らしく過ごせる方向を、集団生活を共にすることで見えてくる私たち職員の思いと、保護者の方の思いを合わせて、一緒に見つけていけたらと思っています。
お子様との出会いと、保護者の方とお話しできる時を楽しみにお待ちしています!