子育て応援

子育て応援情報

育児に関わるいろんな
お役立ち情報を掲載中

子育て応援

子供がグングン伸びる育児法-5-「離乳食とアレルギーの関係」

皆様、こんにちは。

保育園 元気キッズ
園長 中村です。

本日のテーマは「離乳食とアレルギーの関係」。

 

離乳食の始める時期はいつごろが良いのでしょうか?

 

実は早すぎる離乳食がアトピーやアレルギーの引き金になってしまいます。

赤ちゃんの体は、生まれてから3歳くらいにかけてやっと人間として成長していきます。

生まれたてのころは、哺乳類=動物に近い存在で、まだ未成熟の状態です。
腸もまだ未完成の状態なので、未消化のタンパク質を吸収してしまいます。

それがアレルギーの引き金となるのです。

 



乳児がアトピーになるのは、

与える食べ物の固さの問題ではありません。

火を通したかどうかでもありません。

量でもありません。

何をあたえるか、タンパク質の有無、これが問題なのです。

 


赤ちゃんの未発達の腸は、穴だらけで、本来必要でない大きな分子のタンパク質を吸収してしまいます。そしてそのタンパク質への抗体ができてきて、アレルギー反応が出てきてしまいます。

 

実は戦前の日本は良識ある育児法で子育てをしていました。

 

母乳は2歳ごろまで与えられ、無理に離乳食をはやめることもありませんでした。

 

しかし、戦後GHQの指導により、当時のアメリカで良いとされていた育児法が導入され、盲目的に受け入れてしまったのです。

 

しかし、当のアメリカはすぐに早期のタンパク質の摂取が危険だということを発見し、
すぐに1歳以降からの離乳食を推奨し始めました。

 

一方で日本では1980年に厚生省が離乳食の期を5か月ごろからと発表しました。
すると数年後から幼児のアトピーが急増したのです。
戦後のアメリカ崇拝の弊害です。

 

2000年に入りWHOが離乳食の時期を1歳ごろからと決めてからは、
2008年にやっと日本でも6か月を過ぎてからと推奨されました。

 

免疫学の権威の西原克成先生によると離乳食の始める時期は以下の通りと推奨されています。

 

■ 1歳までは、母乳、もしくはコンスターチ、片栗粉などのでんぷんと粉ミルクに砂糖
を混ぜたものでよい。

 

■母乳は2歳すぎまで与えてよい。

 

■はちみつは2歳半までは与えない。乳児ボツリヌス症になる危険があります。

 

 

はちみつにはいっているボツリヌス菌の萌芽が未発達の腸では吸収されてしまい
起こる病気で、最悪の場合死亡してしまう恐ろしい病気です。

 

さすがに、1歳まで離乳食をはじめないのはどうかと思う点もあるのですが、要は腸が未発達の状態なので、乳児でも消火吸収できるものを与えるべきです。

 

腸の働きが免疫に大きな関係があることがはっきりしてきているので、さらに注意していただきたい点をご紹介します。

 

それは、お腹を冷やさないということです。

 

昔からお腹は冷やすと良くないといわれていましたが、腸を冷やすのは万病の元です。

 

最近夏になると原因不明の高熱を出す子供が増えているですが、これは冷たいものを食べ過ぎて腸が冷やされると腸の機能が低下し、腸内細菌が体中に蔓延して、腸内細菌の感染症により高熱がでていると考えられています。

 

そこで、ぜひ皆さんに活用していただきたいとっておきのアイテムがあります。

 

それが腹巻です。

 

子供は寝ているときにすぐお布団から出てしまって体を冷やしてしまったり、日中でもお腹がぽこんと出ているので服がめくりあがったりと、お腹を冷やしてしまう場面が多いです。
そこで腹巻をつけていれば一安心です。
風邪の予防にもとても有効です。
大人にとっても冷え性が改善したり、胃腸が弱い方もお腹が下るのを防ぐことができます。
特に婦人科系の病気はほとんどが冷え性から来ているとまで言われているので、まさに万病予防です。

 

ぜひ、お子様、またはご自身にも”腹巻”をお使いになってください。

 

実は、私自身も3年ほど前から腹巻のお世話になっており、お腹を崩しやすかったのが少なくなったり、とにかく風邪を長引かせることがなくなりました。
「手洗い」「うがい薬」「腹巻」の3種の神器で猛烈なウイルスである「ノロ、ロタ」などの伝染性病原菌にも立ち向かうことができるようになりました(笑)

 

今回の内容いかがだったでしょうか?
正直、離乳食の開始時期でアレルギーが決まるというのは目からうろこだったと思います。
ぜひ参考にしていただければと思います。

 

それではまた次回まで!

 

 

新座市志木市朝霞市
家庭保育室
保育園 元気キッズ
園長 中村敏也