子育て応援

子育て応援情報

育児に関わるいろんな
お役立ち情報を掲載中

子育て応援

子供がグングン伸びる育児法-4-「赤ちゃんの言葉を豊かに伸ばす」

「僕はある本との出会いで育児観が劇的に変わりました」

 

皆様こんにちは。

保育園 元気キッズ
園長の中村です。

 

さて、今回のテーマは、「赤ちゃんの言葉を豊かに伸ばす」についてです。

 

 

ほんのちょっとしたことに気をつけるだけで、3歳までの子供の成長に大きな影響があります。

そんなヒント満載なの本が、「語りかけ育児(サリー・ウォード著 小学館)」です。

この本を夫婦で共有することで、僕らの子育てはとても楽しく、そして、豊かになりました。

息子が2歳の誕生日を過ぎたころ、「パパ、青いブロッグをふたつとって」など普通の会話ができるようになっていました。

 

文字への興味も高く、自分の名前の平仮名や、数字の暗誦だけでなく10までの数であれば数えることもでき、ほぼ数の概念も理解できているようです。歌も大好きで、保育園でならったお歌を1歳4か月のころには歌いだしていました。

 

2歳過ぎてから勝手にオリジナルの歌を作って歌っています。
一番驚いたのはじゃんけんのルールを既に理解できているのにはびっくりしました。

 

僕らは世間でいう英才教育を行ってきたとは思っていません。
ただ何かを見せ続け記憶に植え付けていったとしてもそれが何になるのでしょうか?
子供が豊かに育つためには、実体験をともなって経験と知識がともなってはじめて本当の力になるのだと思います。

 

この「語りかけ育児」には子供も大人も無理なく、楽しく取り組めるヒントがたくさんあり本当に参考になりました。

 

簡単にルールをご説明します。

・1日の内、30分間だけ、母子の1対1の時間をつくります。

 

・その時、テレビや音楽を消して、二人の会話に没頭できる環境を作ります。

 

・質問は極力せず、今日やったことなどを話して聞かせていきます。


・ゆったりとした口調で、短い文で話します。

 

・具体的な固有名詞を多用し、また繰り返し同じ言葉を使います。

 

・0歳児のころは、「ねんね」や「にゃんにゃん」などの語呂の良い言葉を使います。

 

・何かを指さしたり目で追っていたら、○○ほしいの?と語り掛けます。
ママが僕の言っていることを理解してくれていると安心し自信にうれしくなります。

 

・無理に集中させようとせず、遊び感覚でイチャイチャしながらすすめましょう。

 

・答えが必要でない限りは質問するのはやめましょう。赤ちゃんが知っていることを質問しても赤ちゃんにとって何もメリットはなく、ただ親の自己満足でしかありません。

 

・子供が言いたいことを言ってあげましょう。

 

・否定的な言い回しや、子供が言ったことを「違う」と訂正するのでなく、ただしい言葉で返答して言い換えてあげましょう。


いろいろと書きましたが、要するに
親子二人だけの時間を作り、ゆっくりとして口調で、短い文を、固有名詞や形容詞を多くして語り続けることが大事だと理解しています。

 

例えばお散歩に行くときは、ただ黙ってお散歩に行くのではなく、
「青い空に白い雲が浮かんでいるね。」「青い鳥さんが鳴いているね。」など通り過ぎる街並みを実況中継しながら歩いたり、お風呂に入るときや、ごはんを食べるときもたくさん語り掛けていくことが大事です。

 

また「うれしいね。楽しいね。気持ちいいね。」などの気持ちを表す形容詞をたくさん使ってください。

 

「おばあちゃんからぐりとぐらの絵本を買ってもらってうれしいね。」

 

「ふわふわのお布団気持ちいいね。」

 

「お歌をママとパパと○○ちゃんと三人で歌うと楽しいね。」

 

など固有名詞と形容詞をたくさん使って話しかけることで、子供の語彙を増やすことに役立ちます。

 

働いているママには、毎日30分なんて難しいと感じる方も多いと思います。
しかし、朝ご飯のちょっとした時間だったり、保育園からかえってきた後、ご飯や、お風呂の時間、または、お休み前の時間を利用してたくさんコミュニケーションをとりましょう。ちょっとしたことで子供たちの成長は大きく変わっていきます。

 

保育園に預ける場合、働く日は本当に少ない時間しか一緒にいられません。
ただ、その限られた時間を濃密なコミュニケーションの時間にすることで、母と子の結びつきは強まり、豊かに育つ子になります。

 

子供を豊かに伸ばすコツは
「焦らせない、急かさない、遮らない」
です。

 

重要なのでもう一度
「焦らせない、急かさない、遮らない」

 


忙しい現代社会では一番難しいテーマかもしれませんが、この30分間語りかけ育児を実践することで意識的に心に余裕をもち、豊かな子育てを行っていきたいですね。

 

それでは、また次回まで。

 

 

新座市志木市家庭保育室
保育園 元気キッズ
園長 中村敏也