子育て応援

子育て応援情報

育児に関わるいろんな
お役立ち情報を掲載中

子育て応援

子供がグングン伸びる育児法-2-「スキンシップの重要性」

皆様、こんにちは。
保育園 元気キッズ 園長 中村です。

 

今日は、「元気キッズ式子供がグングン伸びる育児法」第2弾
「スキンシップの重要性。こちょこちょ遊び。」について書いてきます。

 

抱き癖が付くから抱かないほうが良い と一昔前はよく聞きました。

 

おばあちゃんがいつもママにべったりな孫をみて、自分で何もできなくなるんじゃないかと不安になりつい母親に言ってしまったことかもしれませんが、

 

これはまったく根拠のないことです。
たくさんスキンシップをとってください。

 

スキンシップこそが子供の心の安定につながり、スキンシップで欲求が満たされたされた子供は反対に自立が早くなります

 


では、幼少期のスキンシップが不足するとどうなるのでしょうか?

 

大学生を対象にした調査で、幼児時期に母親とスキンシップを十分に受けてきた学生は、「他人と親しくなるのはたやすく、他人に頼ったり他人に頼られたりするのが好き。自分に自信を持ち、他人のことを信頼して親しくなることが容易になる」傾向があります。

 

一方、スキンシップが少なかった学生には、「他人がいやいや自分と親しくしているのではないか?恋人は本当は私を愛していないのではないか?一緒にいたくないのではないかと疑ってしまう」などの傾向があり、さらには「他社と親しくなることは、私には何となく重荷である。他人が必要以上に親しくなることを求められるとイライラいしてまう」という傾向があるそうです。

 

幼少期のスキンシップの量でこのような差がでるのはとても恐ろしいことですね。

 

本来、日本古来の育児法はスキンシップが非常に多かったのはご存知でしょうか?

 

昔は家事をするときもほとんどおんぶひもで背中に密着させていて、自分が抱けないときは必ずといって良いほどおばあちゃんが抱っこして世話をしていました。
また夜になるとひとつの部屋で両親と子供が川の字になって添い寝をしてました。当然、母乳も子供の求めるままに与え、片時も離れることはなかったようです。

 

江戸時代では、さらに積極的なスキンシップをとっていたようで、
小児按摩という今でいうベビーマッサージも日常的に行われていたようです。

 

スキンシップは、「なでなで」することや「ぎゅっと抱きしめること」はもちろん、こちょこちょする行為があります。
じつは「こちょこちょ」にはとってもよい効果があります。

 

「こちょこちょ」されると「くすぐったい」です。このくすぐったい感覚というのは面白く、くすぐり遊びというくらい楽しい行為である反面、こそばゆいという不快な感覚が同時に感じることができます。こちょこちょコミュニケーションを通じて赤ちゃんは、くすぐったさを予測して楽しくなるのです。
親子でこちょこちょ遊びをすると、一緒に笑うことができ、愛情と親密度が深くなります。また笑うことでリラックスできるので、心の成長にとって本当に有意義な行為です。
こうして考えていくと、幼少期のスキンシップは充分すぎるほどやった方がよいと結論づけられます。

 

お子様が不安なときには、一度ぎゅうっと抱きしめてあげてください。
何か好ましいことができたとき、思いっきり頭をなでてあげて褒めてください。
怪我したり悲しいことがあったときは、痛いね。悲しいね。といって共感してあげて抱きしめてください。

 

抱き癖がつくと抱いてあげないと、さらに自立が遅くなります。
抱っこしてほしい欲求を十分に満たせてあげること こそが自立への近道です。

 

幼少期のスキンシップが十分にみたされていれば、成長するにつけ自分に自信のある青年、大人に成長します。

 

補足ですが、生まれてすぐのスキンシップにはパパの育児参加へ促す効果もあります。

 

産後すぐに新生児を抱っこした父親は、育児への参加意識が大幅にアップするいう調査結果があります。
パパは自分がお腹を痛めて生んだ子ではないので愛情がわくまで時間がかかるという話も聞きますが、早期にスキンシップを多くとることで愛情が芽生えます。
育児はとても大変です。ママだけで子育ては大変。
パパのサポートがないとイライラのもとなります。
パパの育児参加を促すためにもスキンシップを多くとるように促してみてください。

 

*参考文献:子供の「脳」は肌にある 山口創 光文社出版

 

第2弾「スキンシップの重要性」はいかがだったでしょうか?

 

反響が少しあったので、続けていきたいと思います。

それでは、また。

 

志木市新座市家庭保育室
保育園 元気キッズ
園長 中村敏也